住宅ローンの保証人って必要なの?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。
110万円以下であれば、税金はかかりません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

住宅ローンは連帯保証人が必要?審査通らない!【ローンの保証人とは?】