ネイル資格の種類は?

みなさんは、ブライダルネイルの種類はどれだけあると思いますか? ブライダルネイルにはいろんな種類があります。
では、いったいどんな種類があるのかと言えば、スカルプチュアやネイルチップと言う着け爪があるのです。
ネイルチップにカラーとネイルアートをした物を指しています。
せっかくのブライダルなので爪もキレイにしたいですね。
でも、自爪が短くてネイルアートする事が無理そうならネイルチップを使う方法があるのです。
事前に、サロンに行ってサイズ合わせをし、自分の爪に合う様な大きさにしてもらうのです。
ですから、違和感なく着けていられますよ。
もしお仕事で爪を伸ばしたり、マニキュアをしたりしてはいけない仕事の場合には、結婚式が終わったら外してしまえば良くネイルチップはとても便利です。
対して、スカルプチュアやジェルネイルに関しては、自爪に対して爪を足していくと言う物で、アクリルパウダーやリキッド等を使い爪全体を長くしていってくれる物です。
そこにお好きなカラーやデザインを加える事によって、ちょっとやそっとでは取れないネイルが完成。
メリットは、自爪が短かくてもしっかりとフィットして、引っ掛けた程度じゃ取れにくい点、大体2週間に1回位、長くても1ヶ月に1回位でお直しすれば良いのです。
普段の生活でネイルをしていても大丈夫な場合は、スカルプチュアやジェルネイルをしても良いと思いますよ。
ネイル資格を取るならケイコとマナブ!講座の評判は?【難しい?】