レイクアルサが土日や休日に申し込みするのは難しい?

通常、レイクALSAのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上を確保し、利益を上げています。

銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、レイクALSAの金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査時間の短さは優れたものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムに関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

レイクALSAのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の異なる点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

参照:レイクALSAは土日・休日に借りられる?審査時間は?【最短借入れ方法】

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

審査時間の長さですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査時間が早いといった理由があげられます。

とはいえレイクALSAの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

レイクALSAのメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

レイクALSAの借入れ条件やデータというものはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合サイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。