パートやバイトでもマイカーローンは借りれる?

自動車や車を買う際にローンを利用する方は多いと思います。

ローンを組む際に気になるのが金利と支払い回数ですよね。

自動車ショップで取り扱っているマイカーローンの多くは返済期限が1回から60回で設定されています。

ただ、60回(5年間)の分割支払いと言われてもあまりイメージできない方も多いのではないでしょうか。

例を挙げると、120万円の自動車を買う場合では5年60回払いなので月々の支払いは2万円+利子です。

毎月2万円くらいなら支払っていけそうな感じがしませんか?もちろん、頭金を準備していたら月々の支払額もその分下がります。

自動車を買う際に組むマイカーローンですが多くの自動車ショップで取り扱っているローンでは頭金の必要はないですが稀に、必要な場合があるそうです。

その額の相場としては、買う自動車の価格に対して1割くらいが目安になっています。

なぜかというと払ったほうが審査時に有利になるからです。

払うのが必要な場合、価格の1割くらいが相場と書きましたが、「これくらいの金額が払えないの?」と審査時に資金力へ疑問を持たれる可能性もあります。

貸し倒れを減らしたいので、頭金を少しでも入れておくと計画性を持って返済も大丈夫そうだと判断されやすくなります。

少しでも払って入れば月々の支払額もその分下がるのでできるだけ用意しましょう。

若者のライフスタイルに合っているとされる乗り物があります。

それは車よりも小回りの利く自動車です。

特にパートを生業とするフリーターの方が購入を考えているといったケースも少なくないでしょう。

自動車を買う際に利用するのがマイカーローンです。

マイカーローンですが、基本的に雇用形態の指定をしていないことが多く、審査基準としては、毎月の収入面が重要なようです。

そのため、定年退職後など貯蓄はあるけど収入がないという人は審査には通りません。

ローンを組む際に気をつけたいのが、融資額の多すぎ・借りすぎに気をつけることと毎月の返済額を生活に支障が出ないように設定することです。

特にパート収入しかないのにボーナス併用払いは避けたほうがいいです。

車に比べて安いと思われがちですがり自動車は高い買い物です。

現金一括では支払いできない時に心強いのがマイカーローンです。

ローンについて紹介しますので新しく自動車を購入する際の参考にしてください。

主に自動車のローンはメーカー独自のローンとアプラスなどの信販会社の行なっているローンの2種類に分かれています。

書類準備などの手続きを全て自分で行わなければいけません。

だいたい10%前後に設定されていることが多いです。

金利を低く抑得ることを考えるなら銀行のローンを利用することになります。

手続きが楽な分、銀行ローンよりも金利が高い設定になっているのでどちらを選ぶかは個人個人で考えましょう。

自動車が欲しいと思っても購入資金が用意できないときに利用するマイカーローンですが、その制度についてよく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

マイカーローンはその名の通り、自動車を買うという用途だけにしか使えないローンです。

提供する機関によってはオートローンとも呼ばれます。

どの会社のローンを使うかによって金利や審査基準が変わってきます。

よく言われる審査基準としては、安定した収入があるか、過去のローンやクレカ利用時に問題がないかです。

ここでいうクレジットヒストリーとはクレジットカードの利用歴や今まで組んだローンの契約内容や返済状況などのことを言います。

皆さんにとって高価な買い物と聞いて何を思い浮かべますか?多くの人は、家や車、自動車を思い浮かべると思います。

こういった高価な買い物をするときに多くの人が利用するのが銀行などの金融機関が行なっているローンです。

自動車が欲しくて銀行のローンを利用する場合、マイカーローンという名前のものはなくほとんどの場合、マイカーローンを利用することになります。

ローンを組むことのメリットとして数十万、数百万円貯めている時間を貯めている時間も車や自動車に乗っていられる時間に変わります。

また、ローンの他のメリットとしては急な手術や事故などのまとまったお金が必要になるときに備えて残しておくことができます。

突然ですが、皆さんは車や自動車などを買う際にどう購入しますか?現金一括で買う人は少なく多くの人はマイカーローンなどのローンを組みますよね。

では、ローンを組むことのメリットを考えてみましょう。

まず、大きく変化するのが時間です。

もし、一括で買おうとした場合、数十万、数百万円と貯金するには時間がかかります。

せっかく乗りたいという気持ちなのに実際に買って乗ることができるまで1年以上必要とかになってしまう可能性があります。

自動車や車は買って終わりという商品ではなく、乗っていろんな所を走っていろんな思い出を作っていく商品なんです。

そのため、自動車や車を買う際はローンの利用をおすすめします。

就職や進学をすると車や自動車の免許が取れるようになって一気に行動できる範囲が広がります。

免許を取ったら自分用の自動車が欲しくなりますよね。

その際現金一括で支払うのは大変でマイカーローンを利用することが多いと思います。

初めてこういったローンを使うという人も多く月々の返済額や車や自動車の維持費が想像以上に多くて結局売ることになってしまうという話も聞きます。

そういったことが起こってしまわないように必ず利用するローン会社のHPにある返済シミュレーションなどで借入額に対して月々の返済額がどのくらいになるか確認しましょう。

高校生から大学生・専門学校生になると大きく変わることがあります。

一例としては、車や自動車の免許が取れるようになることです。

免許を取ったはいいものの車や自動車が高価なのは変わらないですよね。

多くの場合、現金一括で払うのは難しくマイカーローンなどのローンの利用を考えると思います。

でも、学生でもローンを組めるの?という疑問を持つ方もいると思います。

ジャックスなど大手の業者さんなら学生でもオートローンを組むことはできます。

その際、未成年の方は親の承諾が絶対必要になります成人していてもパートなどで毎月安定した収入がないと審査に落ちます。

ローンを組む際は返済シミュレーションで生活に支障が出ないか確認しましょう。

手軽で小回りが利き、車に比べて車検料などが低い自動車は、若者のライフスタイルに活かしやすく、購入を検討している人も少なくないでしょう。

購入資金を用意できない時に便利なマイカーローンですが、パートでも使うことはできるのでしょうか。

結果から言うとパートでもローンを組むのは可能です。

審査では、正規雇用、非正規雇用よりも安定収入があるかを重視するため、パートでも返済できると判断されるくらい稼げていれば融資してもらえる確率は高いです。

注意する点としては、未成年の場合は親の承諾が必要なことと用途が明確にされた専門ローンなので一般的に通常のカードローンよりも厳しいとされていることです。

場合によってはカードローンの活用も視野に入れておきましょう。

皆さんは車や自動車など高額な買い物をする際にローンを組むと思います。

その際、全額をローンで分割にするか、頭金を払うか悩みますよね。

そもそも、ローンを組むにあたって頭金を払う必要はあるのでしょうか。

調べてみたところ、大手企業のマイカーローンなどは資金力もあるため頭金不要なことが多いですが小さい企業では、滞納や自己破産するような人に融資してしまうと大きな損害ともなることもあります。

そのため、頭金を必須としているローン商品もあるようです。

最初にまとまった金額を支払うことで、特に小規模ローン会社の場合、まず、言えるのが業者からの信頼度向上が考えられることです。

他にも、まとまった金額を支払うことで分割支払額を減らすことができます。

家を買う際にローンを組むように、自動車を買う際もローンを利用することが多いです。

例えば、中古の小型自動車なら、一括で支払う人もいますが大きな自動車や新車を買う際はマイカーローンを使う人がほとんどです。

ローンは長期間の返済にすればするほど金利分損します。

では、なるべく賢く利用する方法には何があるのでしょうか。

提供しているローン会社によってはボーナス払いができるローンもあります。

会社員として働いている場合、毎年6月と12月のボーナスで多めに返済するという方法です。

ただ、ボーナスがない会社、低い会社に勤めている場合は避けたほうが良いでしょう。

他にも頭金を支払うことでローンの利用総額を抑える方法もあります。

月々の支払額が下がる他に、審査をする上で有利にもなると言われています。

ローン審査について調べていると審査に落ちたという人を見かけます。

なぜ、審査に落ちてしまうということが発生するのでしょうか。

その理由として考えられるのは何種類かあります。

まず、1番に考えられるのがフリーターやパートなど収入が安定せず高額なローンを組むと返済が難しいと判断された場合です。

参考:パートでも借りれるマイカーローンは?主婦でも組める【限度額いくら?】

20代、30代の比較的若い人に多いのがクレジットカードや携帯料金などでトラブルがあった場合にも審査に落ちることがあります。

一般的にローン審査の際は信用情報を確認しており、今までのクレジットやローン内容を見て判断します。

これは、マイカーローンやハウスローンなどの専門ローンでも同じです。

借金をする際はできるだけ他の人に知られたくないものです。

ローンを組む際に会社によっては職場などへの在籍確認を行う場合もあります。

それでは自動車を買う際のマイカーローンも同じなのでしょうか。

基本的には金融機関によるローンの場合は在籍確認を行います。

その際、本人が必ずしも電話に出る必要はありません。

また、例外として確認しない場合もありますが、確認するしないに関しては各機関に委ねられており、判断基準はわかりません。

審査の段階で勤務年数や他の機関からの借入状況から判断されているようです。

どうしても確認されたら困るという場合は保証会社によって確認するしないが変わるローンも存在するので探して見てください。

基本的に自動車は車ほど高くありませんが現金一括で購入できる人は少ないですよね。

でも、やっぱり自動車は欲しい!というときに利用するのが金融機関などが行っているマイカーローンです。

大まかに分類すると銀行機関によるオートローン、ホンダなどの専門ディーラーが行っているローン、レッドバロンなど自動車専門店ごとの提携ローン、用途が自由なカードローンの4種類があります。

ローンは嫌という人の多くは金利で総額が増えることを言っていますが数万円程度増えることがほとんどです。

それならば本来、貯金にかかる数ヶ月間という時間を自動車と過ごせる時間に変えましょう。