ホッキョクギツネ舎にいかなくちゃ!!

みなさんは、ホッキョクギツネ舎を知っていますか? 北の大自然の中にいる動物は、その雪一面に覆われた景色に溶け込むように、毛並みを白くするのです。

白い動物は、それだけでとても珍しいし、見ていて癒されますよね。 純白の毛並みを見ているだけでも、なんとなく心が洗われるかのようになります。

そんな、白一色の動物のひとつに「ホッキョクギツネ」がいるのです。 ホッキョクギツネは、北海道ならではの動物というよりも、もっと北の動物なのです。 マイナス70度にも耐えられる強さを持っている気高い動物なのですね。 そんなホッキョクギツネを見られる動物園は、日本国内では数が少なく、旭山動物園はその少ない動物園の一つなのです。

旭山動物園では、ホッキョクギツネ舎で、その凛々しい姿を見ることができるのです。 寒さから身を守るために、毛並が普通のオオカミよりも多いホッキョクギツネの姿は、カッコいいだけでなくて可愛さも備えているのです。

そのため、大人から子供まで幅広い人気を獲得している動物なのです。 ホッキョクギツネの生態的な特徴は、自分が食べ残した食べ物を保存する習性があります。 北の台地では、なかなか食べ物にめぐり会えませんよね。