楽天銀行おまとめローンの審査の流れが知りたい!手続きは簡単?

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

多重債務を1本化できるおまとめローンはローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので積極的に利用することをおすすめします。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で貸金業からの返済にだけ利用することができます。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており銀行カードローンに使う事はできません。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

参照:http://www.dobl-oc.com/rakuten/hyouban.html

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。